横須賀市にあるインプラント・矯正歯科・審美歯科・歯周病治療の長島デンタルクリニック  
  menu  
ご相談のページへ 診療予約のページへ よくあるご質問のページへ インプラントの詳細へ 審美歯科の詳細へ 矯正歯科の詳細へ 歯周病治療の詳細へ ホームページへ





月・水・金 09:00?12:00
13:30?18:30
土曜日 09:00?12:00
13:30?17:00
休診日 木・日・祝祭日
もっと大きい地図を見る
大きい地図を見る >>

神奈川県 横須賀市 大滝町
2-15-1 横須賀東相ビル9F
046-820-6620
Eメール:
nagashima-dental@nifty.com

URL:
http://www.nagashima-dc.com/


2016年6月
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Recent Entries

Archives

Categories

2012/11/28

第2回インプラント・CAD/CAMミーティング
こんにちは。

今朝NHKのニュースで流れていましたがノロウイルスが例年より何倍か忘れましたが、流行する恐れがあるそうです。
手洗いを忘れずに、気を付けてください。

ところで11月25日パシフィコ横浜で開催されたインプラント・CAD/CAMミーティングに参加してきました。

皆さんもご承知の通りCAD/CAMは様々な業界でなくてはならないものですね。
CAD/CAMと言えば、F1と思い起こす方も多いかと思います。

歯科の業界でも1980年ごろから導入が始まり、今ではインプラントを含め被せものはコンピューターによって自動で作ることができるようになりました。
当院でもインプラントの製作においてはCAD/CAMシステムを使用しています。
大変精度が高く、クオリティーの高い治療を行うことができます。
被せものは技工士さんによる手作りのイメージが強いと思いますが、今では被せものはコンピューターで製作する時代になっています。
歯科業界は大きな転換期にあります。


Posted by satoru nagashima at 13:10

2012/11/20

国際口腔インプラント学会2012
こんにちは。

一雨ごとに寒さが厳しくなっていますね。
患者様も体調を崩されている方が増えています。
私もいつもはしないのですが、この時期になると朝と夜一日2回必ずうがいをはじめます。
そろそろインフルエンザの予防接種もしないといけない時期になりましたね。

さて18日の日曜日御茶ノ水の連合会館で行われた国際口腔インプラント学会学術大会2012に参加してきました。
当日はインプラント認定医試験を受験する横須賀のN先生も一緒でした。
(私は2007年の仙台で行われたインプラント学会で認定医の資格を取りました)

内容としては歯周病、補綴 口腔外科、放射線、麻酔、耳鼻科そして法律それぞれの分野からエキスパートの先生方がインプラント治療のリスクファクターについて、40分ずつ講演がありました。
このような学術大会には何か必ず臨床のヒントが見つかりますから、とても楽しい日曜日でした。


Posted by satoru nagashima at 19:28

2012/11/17

インプラントアドバンスコース
こんにちは。

11月の中旬に入り今年もそろそろカウントダウン?
まだ少し早すぎますかね?
風邪が流行っているようですね。
皆さん気をつけてください。

先週の日曜日11日にインプラントアドバンスコース「患者様にやさしいソケットリフト法」というテーマで朝10時から夕方5時まで半蔵門にある白鵬の東京研修センターで行いました。

参加された先生方は前回10月に行ったベーシックコースに参加された2名の先生や川崎市で開業されているI先生のところで勤務されてい2名の先生などを含めて8名です。

このコースはアドバンスコースのため、私の講義など、そこそこにして実際ソケットリフトに使用する器具を使い、模型を使ってインプラントを埋入してもらい、3種類の異なる器具の使い勝手などを体験して頂くことに主眼を置いています。

ソケットリフトとは、上顎の奥歯にインプラントを埋入する場合、我々日本人のようなモンゴロイドは顎の骨が元来薄く、歯を抜いてしまうと骨がやせてしまい、そのままではインプラントを埋入できません。
そのため上顎洞という空洞に吸収性の人工骨を填入して、インプラントを入れる方法です。

今はCGF,AFGなど凝縮血小板と吸収性人工骨を利用した方法が開発され、骨が1ミリ程度の大変薄い骨の場合にも、治療期間が短縮できる治療方法を当院では使用するケースが増えていますが、このインプラントアドバンスコースでは人工骨を時間をかけて、少しづつ填入する方法が基本ですので、これをマスターして頂きます。

いつも思い浮かべることは、6年前までは私も参加された8名の先生方のように、模型に一生懸命インプラントを埋入している自分を思い起こします。
時が過ぎるのは早いですね。


Posted by satoru nagashima at 12:49

2012/11/07

サージテル拡大鏡5倍大
こんばんは。

11月になり今日は立冬ですね。
あと今年も60日を切りました。
いつもこのころ思うことは今年も少しは治療が進歩したかな?
ということです。
忙しさに左右されずに今年最後まで、きっちり診療をしたいと思っています。

さて昨年から診療に際してサージテルという3倍の拡大鏡を使用してきました。
歯科治療はマテリアルの進歩は目覚ましく、かぶせものはCAD/CAMを利用して作成する時代に移行つつあります。

その分精密なかぶせものが出来上がりますので、それに対応するだけの細かな「眼」が必要となります。
それには肉眼で無理です。
そのために昨年の7月から3倍の拡大鏡を使用してきましたが、だんだん物足りなくなり、「もっと見たい」という気持になり昨日から5倍の拡大鏡を使用しています。
細かいところまでさらによく見えるようになりましたので、ストレスなく診療を今まで以上に出来るようになりました。

まだ2日間ですが、一番変えてよかったと感じた所はインプラント治療でした。
しっかり奥までよりクリアに見えるので、効率よく手術をすることができましたよ。


Posted by satoru nagashima at 21:14