横須賀市にあるインプラント・矯正歯科・審美歯科・歯周病治療の長島デンタルクリニック  
  menu  
ご相談のページへ 診療予約のページへ よくあるご質問のページへ インプラントの詳細へ 審美歯科の詳細へ 矯正歯科の詳細へ 歯周病治療の詳細へ ホームページへ





月・水・金 09:00?12:00
13:30?18:30
土曜日 09:00?12:00
13:30?17:00
休診日 木・日・祝祭日
もっと大きい地図を見る
大きい地図を見る >>

神奈川県 横須賀市 大滝町
2-15-1 横須賀東相ビル9F
046-820-6620
Eメール:
nagashima-dental@nifty.com

URL:
http://www.nagashima-dc.com/


2016年6月
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Recent Entries

Archives

Categories

2014/03/31

LEXUS
L0XYRP8Y.jpg春になりました。
今日は冬タイヤから春タイヤに交換ですに交換のため
レクサス藤沢店に来ています。


VYNV00VD.jpg


Posted by satoru nagashima at 22:56

2014/03/30

桜開花しました

FZY3LPAQ.jpg

3月28日 車で診療所に向かう途中段葛の桜です。

あと1週間も経てば、満開でしょうね。

今年も早いものですでに4分の1が過ぎましたと

思うのは私だけでしょうか?

U0D2HDE2.jpg



Posted by satoru nagashima at 19:38

2014/03/28

9BV3IXN6.jpg

 

寝像が可愛いミエルです。

M2AH26N5.jpg



Posted by satoru nagashima at 21:35

2014/03/27

3月のインプラント手術

DSC_1480.JPG
70代女性。右上のブリッジが気がつかないうちに、歯が折れました。
ブリッジをさせているどちらかの歯が悪くなれば
ブリッジを外すことになります。
ブリッジを外したあと
義歯にはなりたくないという希望から
抜歯後そのとなりにスプラインHAインプラントを入れました。
上の顎の奥歯は骨が柔らかいケースが多いので
HAインプラントが有用です。



DSC_1486-001.JPG



Posted by satoru nagashima at 13:25

2014/03/26

3月のインプラント手術


DSC_1501.JPG

50代女性。左上5番が割れています。
歯根が割れるとこのように歯の付け根に近い部分が腫れてくるのが特徴です。
その手前は5年ほど前に当院でおこなったスプラインHAインプラントです。
このように腫れていても、CT検査では顎の骨が十分ありましたので
スプラインHAインプラントで抜歯即時埋入ができます。


DSC_1504.JPG



Posted by satoru nagashima at 21:06

2014/03/24

左上前歯のオールセラミック症例(E-MAX)
DSC_1418.JPG 
30代男性。左上2番の詰め物がおおきく欠けましたので、
もう一度詰めるのはむずかしくなり
オールセラミック(E-MAX)で治療しました。
隣りの歯がやや着色していましたので、
すこし白さが目立ちますね。



DSC_1416.JPG



Posted by satoru nagashima at 22:52

2014/03/20

上の前歯のオールセラミック症例(E-MAX)
DSC_0934.JPGのサムネール画像のサムネール画像 
50代女性です。左上2番は神経の治療後に詰めたレジン充塡物が変色しています。
このようになると詰め物だけを取り替えても審美性を取り戻すことはできませんので
オールセラミック(E-MAX)で修復を行いました。
オールセラミックは透過性に優れていますので周りの歯と馴染みやすいですね。



DSC_1237.JPGのサムネール画像



Posted by satoru nagashima at 21:25

2014/03/19

3月のインプラント手術(バイコンインプラント)
DSC_1436.JPG
60代男性です。左下7番が欠損しています。右下に治療中
左下でうまく食事ができないことに気がつかれて
インプラントをしようと思ったそうです。
下の顎のインプラントでは下歯槽管神経までの骨の厚みが
大切です。この患者様はその顎の厚みが少ない為に
バイコンインプラント(アメリカ バイコン社)を
利用しました。一つのインプラントメーカーで、年間300本の
患者様を対応することはむずかしく、当院では3つのインプラントメーカーの
インプラントの特徴を照らし合わせて、使い分けています。


DSC_1441.JPG


Posted by satoru nagashima at 10:42

2014/03/18

右下奥歯のインプラント症例(E-MAX)

DSC_1413.JPGのサムネール画像 50代男性です。右下奥歯が歯周病で抜歯。下顎の奥歯(7番)は歯周病で抜歯した場合は

神経に近いケースが多いので、抜歯後1?2か月経過後インプラント手術を行いました。

(抜歯即時ではなく抜歯待時埋入です)最近はスクリュー止めを行っていますが

このケースは顎の骨が少なくインプラントの埋入角度が制限されたため

今回はオールセラミック(E-MAX)をセメント合着した症例です。



Posted by satoru nagashima at 19:47

2014/03/17

3月のインプラント手術

DSC_1401.JPG 70代女性です。

1月の静脈内鎮静法(リラックス麻酔)で上の顎に4本インプラントを

埋入し た患者さんです。

左下奥歯には2本欠損し、入れ歯を使われていましたが

そこにもインプラントを希望されましたので 、2本埋入しました。

下の奥歯、成熟側(抜歯してから半年以上経過している)、埋入部位の骨が硬いなどの

条件がある症例のため 今回はチタンインプラントを選択しました。

DSC_1408.JPG



Posted by satoru nagashima at 18:55

2014/03/16

春になりましたね。

KCNFCNRF.jpg 今日は最高気温が15℃を超えて

暖かくなりましたね。

我が家の巣箱にもあらたなジュウシマツが

やってきそうです。7NATT1I5.jpg



Posted by satoru nagashima at 19:07

2014/03/15

3月のインプラント手術

DSC_1377.JPGのサムネール画像 50代女性

5年前に左上5番6番7番の3本欠損のために、インプラント1本埋入し

その上にケラターを装着しオーバーデンチャーを使用されていましたが

義歯装着時の違和感や食物残さが停滞するのが気になっていたそうです。DSC_1390.JPG

ケラターを利用したオーバーデンチャー
上下の隙間が足りないため不規則な形態です。

DSC_1389.JPG

これからは奥歯でしっかりと噛んで食事をしたいということで

もう1本インプラントを隣に埋入して

入れ歯ではなく、固定した被せものを製作することになりました。



Posted by satoru nagashima at 08:45

2014/03/14

猫まったり
ZOJUUK7H-001.jpg

2月14日今年2回目の大雪の夜

リオンは炬燵で丸くなるでではなく

ソファで大の字でくつろいでいますね。



Posted by satoru nagashima at 23:21

2014/03/13

3月のインプラント手術
DSC_1351.JPG

50代女性左上奥歯の歯ぐきが腫れており、CT診断の結果歯の根が

割れていることがわかりましたが、噛むことには異常がないので

経過を1年ほど見ていましたが、最近違和感が強くなったので

インプラントを埋入することになりました。

患者様から「炎症があるのでだいじょうぶですか?」という質問がありましたが

スプラインHAインプラントはチタンインプラントと比べ

埋入部位に炎症があってもしっかり除去することができれば

心配ありません。

DSC_1360.JPG


Posted by satoru nagashima at 09:48

2014/03/12

ジルコニアブリッジ

DSC_1336.JPGのサムネール画像

 60代女性です。 左下奥歯をジルコニアブリッジで治療した症例です。

ジルコニアセラミックは金属を一切使用しませんので、金属の溶融による

歯肉の変色や金属アレルギーの心配がありません。

オールセラミックと比較すると審美性は劣りますが

非常に硬いため、このような奥歯のブリッジには

有効な治療方法のひとつですね。

DSC_1339.JPG



Posted by satoru nagashima at 08:30

2014/03/11

マロンちゃん

SNNGXDMY.jpg

帰宅したら「マロンちゃん」というので、誰のことと聞いたら

この猫ちゃんの名前が決まったそうです。



Posted by satoru nagashima at 13:45

2014/03/11

右下奥歯のセラミック症例(E-MAX)

DSC_1283.JPGのサムネール画像

50代女性です。

右下奥歯の詰めものが劣化したため、型取りをしています。

女性にとっては奥歯だから、見えないところだからというのは

ありませんね。 オールセラミックで治療。

歯自体の色とオールセラミックの色がうまく調和した場合には

自然観のある被せものをつくれますね。

DSC_1276.JPG



Posted by satoru nagashima at 13:41

2014/03/10

3月のインプラント手術

DSC_1308.JPGのサムネール画像のサムネール画像

 

 60代男性です。左上3番が欠損しており、今まではブリッジが入っていました。

この方はブラキサー(歯ぎしりまたは食いしばりが強い方)です。

お口すべての歯がたいせつですがその中でも3番の歯は重要ですね。

他の歯を守るためにもこのような場合では周りの歯を削ってブリッジにせず

インプラントでしっかり噛む力を支えたいですね。

 太さ3.75ミリ長さ13ミリと少し長めのスプラインHAインプラントを入れました。

DSC_1319.JPG



Posted by satoru nagashima at 13:39

2014/03/09

3月のインプラント手術

DSC_1291.JPGのサムネール画像

50代女性右下奥歯(7番)にインプラント埋入です。

以前から右下には5本繋がったブリッジが入っていましたが

つなげる歯が多くなると金属のたわみやかみ合わせる力により

被せものが外れ、虫歯になりやすくなります。

金属で多くの歯をつなげるよりもインプラントを入れて

そのようなリスクを減らすことが

歯を長持ちさせることができます。

 

DSC_1300.JPGのサムネール画像

骨が非常に硬かったためチタンインプラントを使用しました。

       



Posted by satoru nagashima at 09:31

2014/03/08

横浜HAインプラント研究会
3月8日
午後7時30分から
関内の神奈川県歯科医師会館4階で
横浜HAインプラント研究会3月例会を
行いました。
数名の会員から症例が出されました。
インプラント周囲炎の処置法
下歯槽管まで8ミリの顎骨のインプラントの選択
上顎洞まで1ミリのソケットリフトの経過報告
インプラントの固定を得るため鼻腔に入れたものなど
すべて難症例のものばかり
このような症例を検討できるのも
会員の先生方が
一歩ずつわずかでも
進歩してきた証ではないでしょうか?

図5.jpg


Posted by satoru nagashima at 08:39

2014/03/07

新しいお友達

BIVYCEAQ.jpg

 

リオンが非常に興味深々です。毎日朝からずっと外を見ています。

後ろにいるのはミエル。あまり関心がない様子

シエルはほとんど無反応

IXT5TC71.jpg



Posted by satoru nagashima at 19:32

2014/03/06

ひなまつり

YPFKLP1W.jpg

ミエルの標的になるので、いつも10分飾っておしまいです。

43WHSHPE.jpgのサムネール画像のサムネール画像

おとなしく眠っているミエル



Posted by satoru nagashima at 19:53

2014/03/06

3月のインプラント出張手術(2次手術)

2KMOFK1K.jpg

 

 

  最近頻繁に天雲先生の診療室に出向いています。

 鎌倉から車で45分程度です。

 病院の内装が白と茶を基調としており

 私の診療所と雰囲気が似ています。

  

                

                

  



Posted by satoru nagashima at 07:50

2014/03/06

3月のインプラント手術
DSC_1243.JPG
50代女性 右上4番が歯周病により抜歯することなりました。
この歯を抜歯すると歯が3本無くなりますので、
インプラントを2本埋入してブリッジの形態になるようにして
健康な歯を削らずに済みました。


DSC_1249.JPG
2本のインプラントのうち奥歯に入れたインプラントは顎の骨が薄いために
静脈内鎮静法を行い、AFGを上顎洞に塡入し上顎洞粘膜を7ミリ挙上して
インプラントを埋入。


Posted by satoru nagashima at 07:30

2014/03/06

3月のインプラント手術

DSC_1205.JPG
60代女性です。神経の治療済みの歯が割れています。
奥歯はどうしても噛む力が強く加わりますので破折するケースが増えますね。


DSC_1209.JPG
右上6番 7番2本抜歯して1本スプラインHAインプラントを埋入
インプラントは7番目には基本的には埋入しません。
清掃性や顎の骨の硬ささらには神経までの骨の厚みなどにより
埋入が大きく制限される場合があるからです。


Posted by satoru nagashima at 07:29

2014/03/06

右下奥歯のインプラント症例(ジルコニアブリッジ)

DSC_1255.JPG

60代男性です。右下奥歯が3本欠損しているため
インプラントを2本埋入してブリッジを装着しました。
お体が大柄で噛み合わせが強い(ブラキサー)のため
上部構造の破折やインプラント周囲炎の予防のため
プラークの付着が少なく、上部構造の着脱を容易にするため
スクリュー止めのジルコニアブリッジを採用しました。
                                                                   


Posted by satoru nagashima at 07:27

2014/03/06

1dayベーシックセミナー
3月2日は朝から雨です。
前日の予報では平野でも雪の降雪があるかも?
ということでしたが、幸い雪にならず良かったです。
今年初めてのインプラントセミナーを
半蔵門にある白鵬の東京研修センターで
行いました。
今回は長崎県から参加された先生も
ありまして、皆さん遠いところから
わざわざありがとうございます。
若い先生方の熱意を感じます。
私はいつもベーシック担当のセミナーをしています。
これからインプラントを自分の臨床に取り入れて
その幅を広げ、より多くの患者様の
口腔内を健康にしていく素晴らしいことです。
そのためにひとつでも私の経験した臨床が
役立てばうれしいですね。




H8VKUX2N.jpgのサムネール画像
E0DL4B5Y.jpg
真ん中は(株)白鵬の深野さん
私のブログには
初登場です。
いつもセミナーのお手伝いをしていただいており
大変お世話になっています。



Posted by satoru nagashima at 07:26