横須賀市にあるインプラント・矯正歯科・審美歯科・歯周病治療の長島デンタルクリニック  
  menu  
ご相談のページへ 診療予約のページへ よくあるご質問のページへ インプラントの詳細へ 審美歯科の詳細へ 矯正歯科の詳細へ 歯周病治療の詳細へ ホームページへ





月・水・金 09:00?12:00
13:30?18:30
土曜日 09:00?12:00
13:30?17:00
休診日 木・日・祝祭日
もっと大きい地図を見る
大きい地図を見る >>

神奈川県 横須賀市 大滝町
2-15-1 横須賀東相ビル9F
046-820-6620
Eメール:
nagashima-dental@nifty.com

URL:
http://www.nagashima-dc.com/


2016年6月
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Recent Entries

Archives

Categories

2015/02/19

インプラント出張手術(町田)

2月19日(木)

町田の大久保歯科医院へ

インプラント手術に出かけてきました。

大久保先生のところでは

私はインプラントを埋入するだけで、

あとは大久保先生が2次手術から

インプラントの上部構造まで行います。

ただし下顎の骨の薄いケースはインプラント手術の中でも

難症例ですので、このような患者様は

当院でCT撮影を行いながら

慎重にインプラント手術を行っています。

町田から横須賀まで車で1時間かかりますが、

安全な手術を第一と考えています。



Posted by satoru nagashima at 22:49

2015/02/19

Zimmer Dental Implant プレミアムステージ
2月15日(日)
ベルサール飯田橋駅前へ
13時から
横浜HAインプラント研究会のメンバーと
林先生や武田先生の講演を聴いてきました。
この中で
高齢化社会となった現在
いかにインプラントを介護までも 
見据えて、それぞれの特徴を
利用して活かしきることの
大切さを話されておりました。
このブログでも
書いております通り 
インプラントは
チタンインプラントとHAインプラントしかなく
この両者のインプラントは
構造的にさらに細かく分類されます。
その為に
ただ歯が欠損している部位にインプラントを
いれるということでは
前述したとおり
高齢化社会においては
最近よく聞かれる
いわゆる「健康年齢」を
過ぎた時点まで考慮した
治療方法を提示していくことが
大変必要なことだと
考えます。


Posted by satoru nagashima at 22:48

2015/02/19

横浜HAインプラント研究会1月例会
2月7日(土)
午後7時30分
歯科保険総合センターで
横浜HAインプラント研究会1月例会を
行いました。
研究会では毎回数名の先生から症例が出され
それに対するdisccionを行いインプラント治療のレベル向上に努めています。
1、80代女性
  他院で埋入したインプラントを活用しながら新たにインプラントを埋入予定の症例
2、50代女性
  インプラント埋入後3年で骨吸収が生じた症例
3、40代男性
  左上7番にソケットリフトと同時に抜歯即時埋入を行った症例
4、30代女性
  矯正治療とインプラント治療を絡んだ症例相談


Posted by satoru nagashima at 21:58

2015/02/06

上下無歯顎症例(ロケーターを使ったオーバーデンチャー)
DSC_4356.JPG 
60代 男性です。
暫くの間
上下歯が1本もない状況で
食事をされてきたということです。
そのために上下とも顎の骨は
かなり吸収しています。
この写真は上の顎に4本インプラントを
埋入して、入れ歯を作製して
この4本で入れ歯を安定させ
噛むこと自体大きく向上します。
健康年齢は
男性で70歳
女性は80歳
その後フレイルを経て
体の機能が落ちていくといわれています。
しかし歯科においては
適切な処置すなわち
噛む機能を回復することにより
アンチエイジング効果が
期待できると考えられています。
しっかり噛めること
非常に大切です。



Posted by satoru nagashima at 23:39

2015/02/05

インプラント出張手術(町田)
 大雪降雪予報が出ていた2月5日
町田の大久保歯科医院へ
インプラント出張手術へ行ってきました。
患者様は70代女性です。 
上顎左右の奥歯が入れ歯の状態で
まずは右上奥歯にインプラントを3本埋入です。
高齢者のインプラント治療には
スピードが大事になります。
何年もかけてインプラントを行うことは治癒期間中の食生活も含めて 
QOLの低下を招きます。 
さらに咀嚼機能の改善には
フレイルの予防にも大きな効果があると思います。
その点骨伝導能があるスプラインHAインプラントは
脆弱な上顎奥歯の骨に対しても、
素早く骨と結合することができます。


Posted by satoru nagashima at 16:46

2015/02/02

第34回近畿北陸支部学術大会
1月31日(土)
診療を午前中で切り上げて
京都大学で行われた
日本口腔インプラント学会
第34回近畿北陸支部学術大会に
参加してきました。
午後2時半から
是非聞きたいと思っていました
スプラインHAインプラントを
使用したstar gate systemの
講演には、すこし
交通機関の渋滞で
遅れましたが
間に合いました。
その後の
専門医教育講演は500人収容の
会場が満席になるほどでした。
しかしこの日の京都は寒かったですよ。



Posted by satoru nagashima at 22:58