横須賀市にあるインプラント・矯正歯科・審美歯科・歯周病治療の長島デンタルクリニック  
  menu  
ご相談のページへ 診療予約のページへ よくあるご質問のページへ インプラントの詳細へ 審美歯科の詳細へ 矯正歯科の詳細へ 歯周病治療の詳細へ ホームページへ





月・水・金 09:00?12:00
13:30?18:30
土曜日 09:00?12:00
13:30?17:00
休診日 木・日・祝祭日
もっと大きい地図を見る
大きい地図を見る >>

神奈川県 横須賀市 大滝町
2-15-1 横須賀東相ビル9F
046-820-6620
Eメール:
nagashima-dental@nifty.com

URL:
http://www.nagashima-dc.com/


2016年6月
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Recent Entries

Archives

Categories

2015/03/13

3月のインプラント手術
DSC_4100.JPGDSC_4104.JPG
70代男性
左下奥歯に入っていたブリッジが
噛み合わせが非常に強いため
破損。
再度作り直すか
またはインプラントか
両サイドの歯が
被せてありますので
ブリッジという選択肢も
このケースでは
「あり」といえますが、
口の中は
左右のバランスが
大切です。
この患者様が
インプラントを選択されたは
最善な方法と思います。
インプラント埋入部位は
抜歯する歯はありませんので
チタンインプラントを
使用しました。
インプラントは
それぞれの特徴を
活かし
患者様の骨の
硬さ、厚み等の性状に
マッチした
インプラントを
使い分けることが
大切です。




Posted by satoru nagashima at 23:11

2015/03/12

3月のインプラント手術
来年80歳を迎える女性です。
暫くメンテナンスに来ることができず
左上3番(犬歯)が虫歯になり
差し歯をやり直すことが出来なくなり
インプラント治療を希望されました。
この患者様は他の部位に4本インプラントが
埋入されています。
来年80歳になるとは思えないほど
お元気な方です。
いままで歯のケアーを
しっかりされていたことは
大変大事なことですが、
インプラントによる
噛み合わせの維持が
この年齢になっても
しっかり噛めることにつながり
健康を維持されていると
思います。



DSC_4647.JPG
DSC_4648.JPGDSC_4650.JPG



Posted by satoru nagashima at 23:52

2015/03/10

3月のインプラント手術
DSC_4254.JPG 
DSC_4263.JPG
50代男性です。
左上の前歯が歯周病で抜歯です。
両隣の歯が健全歯つまり何も治療していない歯ですので
これをブリッジにするのは
最善の方法ではありませんね。
歯を削らないということが
歯を残す一番の方法です。
では入れ歯では?
という質問があるかと思いますが、
入れ歯は
1、針金をかけている歯が虫歯になりやすい
2、装着感がわるい
3、うまく噛めない
4、平均3年しかもちません。
等、インプラントやブリッジと比較して
安価で、治療期間も短いのですが、
やはりインプラントが
現在の治療方法では
第1の選択肢ですね。



Posted by satoru nagashima at 23:44

2015/03/10

抜歯した歯の数とインプラントの本数は?

当院では

インプラント手術の前に

患者様の不安や心配ごとを払拭し

なるべく安心して手術に臨んでいただくために

1時間コンサルテーションを行っていますが、

そのときに

「抜歯した歯と同じ数のインプラントを入れる必要があるのか?」

というご質問がありますが、

そんなことはありません。

具体的には

3本失っていれば 2本のインプラントを入れます。

14本失っていれば6本から8本のインプラントを入れます。

ただしかみ合わせの強い人や顎の骨が薄い人の場合など

お口の状況によって

インプラントの本数が1本から2本

増える場合があります。

次の症例は

下の前歯2本をインプラント1本で治療したものです。

6.JPG

7.JPG



Posted by satoru nagashima at 21:06

2015/03/09

割れてしまった歯をインプラント
DSC_4346.JPG 
DSC_4348.JPG
30代女性です。
2種間前から右の奥歯で
全く噛めないという理由で
来院されました。
診査してみると
一見虫歯もない綺麗な歯が割れていました。
大概の場合は歯の真ん中から割れていることがおおく
この患者様の場合も同様に
真ん中から割れていましたので
ご相談した結果
抜歯即時埋入インプラントを
選択されました。
皆さん
噛み締め、TCH(歯牙接触癖)には
十分気をつけてください。


Posted by satoru nagashima at 23:49

2015/03/08

3月のインプラント手術(抜歯即時埋入)
70代女性です。
定期的にメンテナンスは受診されてきましたが
とうとう左上奥歯が歯周病が悪化して
抜歯することになり
スプラインHAインプラントを使い
抜歯即時手術を致しました。
高齢になると
いままで何回もインプラント手術を
されている方でも
手術が怖くなる場合があるそうです。
だからこそ
手術は短時間で一度に終わりたいでものです。
その点一般的には
炎症している部分に
インプラントという人工物を
入れることには心配される方もおられると思いますが、
その点がチタンインプラントと大きく
異なるところです。


DSC_4467.JPG
DSC_4470.JPG



Posted by satoru nagashima at 21:04

2015/03/01

インプラント埋入予定部位に骨がないということは?
今回
ご説明する症例は
差し歯の歯の根が 
割れて、歯を抜いて
インプラントになったケースです。
インプラントにしたいけど 
歯の周りの骨がありませんので、 
歯を抜いて、数ヶ月その部分が 
治癒してから
または骨を再生してから
インプラント手術をしましょうと 
説明を受けた方も多いと思います。
それは次のような口腔内写真のような
状況になっている為
チタンインプラントでは治療が難しいのです。 
『写真は上側が抜歯前、下側が骨がない状況です。』 
しかし骨伝導能があるHAインプラントなら
抜歯即時埋入が出来るのです
スライド037.jpg

スライド040.jpg



Posted by satoru nagashima at 22:05