横須賀市にあるインプラント・矯正歯科・審美歯科・歯周病治療の長島デンタルクリニック  
  menu  
ご相談のページへ 診療予約のページへ よくあるご質問のページへ インプラントの詳細へ 審美歯科の詳細へ 矯正歯科の詳細へ 歯周病治療の詳細へ ホームページへ





月・水・金 09:00?12:00
13:30?18:30
土曜日 09:00?12:00
13:30?17:00
休診日 木・日・祝祭日
もっと大きい地図を見る
大きい地図を見る >>

神奈川県 横須賀市 大滝町
2-15-1 横須賀東相ビル9F
046-820-6620
Eメール:
nagashima-dental@nifty.com

URL:
http://www.nagashima-dc.com/


2016年6月
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Recent Entries

Archives

Categories

2015/05/31

横浜HAインプラント研究会5月例会
PYZWEN58.jpg


Posted by satoru nagashima at 09:29

2015/05/28

インプラント出張手術(町田)
5月28日 
町田へインプラント出張手術に出かけました。
今年はインプラント出張手術だけでなく
他医院から依頼されてくる患者様が
増えています。
数年前に
インプラントに対する報道から
全国的に希望する患者様は減りましたが、
やはりインプラントは
素晴らしい治療であることに
間違いはなく、
術者のモラルも大切な要因です。



Posted by satoru nagashima at 23:44

2015/05/27

5月のインプラント手術(下の前歯に2本)
DSC_0258.JPG
70代女性
下の前歯のブリッジを支える歯を
残すことが出来ずに
左右犬歯の部位に1本ずつ
インプラントを埋入して
インプラントブリッジにするという
治療計画です。
インプラントの隣にある
2本の歯は
仮歯を安定するために
便宜的に残してあります。

DSC_0265.JPG DSC_0266.JPG


Posted by satoru nagashima at 22:39

2015/05/26

5月のインプラント手術(上の顎に4本)
DSC_0224.JPG
DSC_0233.JPG

DSC_0240.JPG50代男性です。

有病者の患者さんのため

静脈内鎮静法を併用し

インプラントを上の顎に4本埋入した症例です。

静脈内鎮静法はこのような全身疾患をお持ちの方

恐怖心が強い方等

インプラント治療を希望されながら

上記の理由でなかなか踏み切れない方には

安心、安全な方法です。

手術中は全く覚えていませんので、

記憶に残りません。




Posted by satoru nagashima at 23:17

2015/05/24

スプラインインプラント講演会
5月24日(日)
大阪府立国際会議場で
林先生によるスプラインインプラント講演会に
参加してきました。
この講習会で
一番聞きたかったのは
SOCKET  SHIELD TECHNIQUEというもので
抜歯即時のときに
抜歯をする歯根の一部を
抜歯窩に残し、抜歯後の
歯槽堤の吸収を抑制し
より審美的な
インプラント治療を
行う非常に有効なテクニックだと
思いました。



Posted by satoru nagashima at 21:00

2015/05/22

5月のインプラント手術(右上奥歯1本)

DSC_0152.JPG

60代男性

左上奥歯に1本

インプラント埋入です。
上の奥歯は
もともと骨が柔らかく
インプラントがしっかり
固定が出来ず
手術に苦慮する部位ですが
ハイドロキシアパタイトで
コーティングされた
骨伝導能を有する
スプラインインプラントなら
安心して
手術が出来るのです。



Posted by satoru nagashima at 22:26

2015/05/20

5月のインプラント手術(左上前歯1本)

DSC_0137.JPG DSC_0146.JPG30代男性

左上前歯にインプラント手術です。

外側(頬側)の骨がへこんでいます。

難症例です。

チタンインプラントであれば

このままインプラントを埋入することは

むずかしいので

一度骨を作る(GBR)ことから始まりますが

スプラインHAインプラントであれば

GBRと埋入が同時にできます。



Posted by satoru nagashima at 23:44

2015/05/19

5月のインプラント手術(左下奥歯1本)

DSC_0096.JPG
70代女性
右下奥歯が割れて
歯茎に膿の袋があります。
従来のチタンインプラントでは
このような症例には
すぐにインプラントは埋入できません。
しかし
スプラインHAインプラントでは
このような炎症がある部位でも
感染の心配はありません。
DSC_0104.JPG




Posted by satoru nagashima at 22:33

2015/05/16

5月のインプラント症例(右上奥歯2本)

DSC_0050.JPG

50代女性

右上4番に抜歯即時で

スプラインHAインプラント埋入

5番はカンチレバーになっています。

これから

ずっと診療でお付き合いして行きますので

5番にはインプラントは入れずに

今後の口腔内の変化に

対応しやすいにようにしました。



Posted by satoru nagashima at 21:38

2015/05/15

5月のインプラント手術(右下奥歯2本)

DSC_0057.JPGのサムネール画像

DSC_0060.JPG70代男性

右下奥歯のブリッジが動いて食事ができない

という主訴で来院されました。

インプラント手術には

静脈内鎮静法を用いて

全身管理の下で行いました。

高齢化社会が進むにつれて

当院でも、高齢の方にインプラントを

行う機会が毎年増えています。

そのため静脈内鎮静法は

欠かせません。



Posted by satoru nagashima at 19:12

2015/05/14

5月のインプラント手術
DSC_5255.JPG
50代男性
かつてはヘビースモーカーです。
左下奥歯が歯周病で抜歯
顎の神経に近い為
抜歯後2ヶ月で
インプラント手術をしましたが
抜歯窩は治癒しておらず
チタンインプラントでは大変
難しい手術になりますが、
スプラインインプラントなら
インプラント周囲に骨がなくても
大丈夫です。

DSC_5258.JPG


Posted by satoru nagashima at 16:59

2015/05/12

5月のインプラント手術
DSC_5237.JPG
40代男性
典型的な噛み合わせの強〜い方です。
インプラント埋入部位の手前にある
セラミックも欠けてます。
このようなケースでは
エクスターナル構造の
HAインプラントではなく
インターナル構造の
チタンインプラントの方が
骨吸収が生じにくく
予後がいいと
考えてます。
DSC_5243.JPG


Posted by satoru nagashima at 20:58

2015/05/11

5月のインプラント症例(左上奥歯のブリッジ)
DSC_5230.JPG
60代男性
20年以上
左上の奥歯が欠損していた為に
噛み合わせの確認に
苦労した症例です。
副鼻腔までの骨に厚みが
少なく
ソケットリフトの予定でしたが
患者様の希望により
ソケットリフトは避けて
インプラントを埋入
いわゆる遠心カンチレバーの形態です。
DSC_5229.JPG


Posted by satoru nagashima at 22:16

2015/05/09

5月のインプラント手術(右上奥歯1本)

DSC_5087.JPG DSC_5092.JPG

 

50代男性

右上奥歯の被せものが脱落し

歯にヒビが入っています。

CT診断では

上顎洞までの骨の厚みはあるものの

炎症が強く、損の僅かですが、

上顎洞と通じていました。

このような歯の根の周りに

強い炎症があっても

スプラインHAインプラントなら

抜歯と同時にインプラントを埋入することができます。



Posted by satoru nagashima at 19:12

2015/05/08

5月のインプラント症例(左上奥歯2本)

DSC_0062.JPG

 

DSC_0064.JPG

 

60代女性です。

左上のブリッジが壊れたため

ブリッジからインプラントに変更された症例です。

だいぶ前に抜歯されたため

インプラント埋入予定部位の骨の厚みは1ミリ

そこに長さ10ミリのスプラインHAインプラントを

埋入するために

患者様から採血した血液と人工骨を混ぜ,

AFGという術式を用いて

骨を再生してインプラント治療を

6か月で終了しました。



Posted by satoru nagashima at 20:09

2015/05/07

5月のインプラント症例(上下無歯顎)
DSC_3906.JPG 
DSC_3908.JPG
70代女性
上下無歯顎で長年入れ歯で食事を
されていましたが、
顎が痩せて十分に噛むことが出来なくなりました。
写真でも入れ歯が歯茎にあたり
ところどころ赤くなり、痛そうです。
インプラントで下顎の入れ歯を安定させるよう
左右犬歯付近に
インプラントを埋入しました。


Posted by satoru nagashima at 01:51

2015/05/06

5月のインプラント手術(左上奥歯)
DSC_3792.JPG 
DSC_3798.JPG60代男性。
左上奥歯が破折してます。
大柄な方で
いわゆるブラキサーです。
幸い歯を支えている周りの顎の骨は
しっかりされているため
直径5ミリの太いインプラントを埋入

DSC_3809.JPG



Posted by satoru nagashima at 00:09

2015/05/05

5月のインプラント症例(左下奥歯2本)
DSC_4894.JPG 
50代女性
左下奥歯が3本失っているため
3本のうち、
手前2本にインプラントを埋入
噛む力が大変強い方のため
internal typeの
チタンインプラントを使用
当院では
3つのタイプの
インプラントを
患者様の顎の骨や埋入部位
さらには噛む力などを
考慮して
使い分けています。

DSC_4892.JPG



Posted by satoru nagashima at 07:25

2015/05/04

5月のインプラント手術(左上前歯の抜歯即時)
DSC_4254.JPG 
50代男性
左上2番の抜歯即時埋入です。
非常に仕事が忙しい方です。
なかなか時間が取れない場合でも
スプラインHAインプラントは
抜歯と同時にインプラントを
入れることが出来るので
治療期間が短くて
終了します。
日常生活になるべく影響を
与えないインプラント治療が
大切ですね。

DSC_4264.JPG



Posted by satoru nagashima at 17:54

2015/05/03

5月のインプラント手術
DSC_4875.JPG 
60代女性
左上奥歯にインプラント手術をしました。
インプラントの直径は4ミリ
それに対して
抜歯窩の大きさは10ミリ以上
このような状況の中で
チタンインプラントでは
埋入が困難です
これが出来るのが
アメリカ zimmer社の
スプラインHAインプラントです。
zimmer社は人工関節等において
世界的医療機器メーカーです。




Posted by satoru nagashima at 08:19

2015/05/02

5月のインプラント手術(左上前歯)
DSC_4665.JPG
60代女性
左上2番にインプラント埋入
抜歯をしてから、だいぶ年月が
経過しているため
外側の骨が凹んでいます。
チタンインプラントなら
GBRでいったん骨を再生してから
インプラントを入れますが、
スプラインHAインプラントなら
それを同時に出来るので
治療期間が短縮されます。
どうしてっていいますと
それはスプラインには
骨伝導能という
機能があるからです。
DSC_4675.JPG


Posted by satoru nagashima at 23:02

2015/05/01

5月のインプラント手術(右下奥歯の抜歯即時埋入)
DSC_5139.JPG
DSC_5140.JPG
20代の女性です。
右下奥歯の被せものが取れ
その後虫歯になり
保存することができなくなりました。
抜歯して、その後の治療方法は
患者様の年齢を考えると
インプラントまたはブリッジになります。
抜歯をした手前の歯は
健全な歯ですので
ブリッジにするには
その歯を削るしかありません。
歯を長くいい状態で保つには
削らないのが一番です。

 


Posted by satoru nagashima at 23:02