横須賀市にあるインプラント・矯正歯科・審美歯科・歯周病治療の長島デンタルクリニック  
  menu  
ご相談のページへ 診療予約のページへ よくあるご質問のページへ インプラントの詳細へ 審美歯科の詳細へ 矯正歯科の詳細へ 歯周病治療の詳細へ ホームページへ





月・水・金 09:00?12:00
13:30?18:30
土曜日 09:00?12:00
13:30?17:00
休診日 木・日・祝祭日
もっと大きい地図を見る
大きい地図を見る >>

神奈川県 横須賀市 大滝町
2-15-1 横須賀東相ビル9F
046-820-6620
Eメール:
nagashima-dental@nifty.com

URL:
http://www.nagashima-dc.com


2016年6月
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Recent Entries

Archives

Categories

2016/06/09

極度に吸収した右下奥歯のインプラント手術

重度歯周病で長い間他医院で

治療を続けてきましたが、

抜歯となり、インプラント治療を希望で来院されました患者様です

このような治療経過をたどられてきた症例は

今までの経験から、 下顎の神経までの距離が近くなり

選択するインプラントに苦慮する場合が多々あります。

私はスプライン、ストローマン、そしてバイコンの3タイプを

使用してますが、顎の神経まで7m弱のため

バイコンを選択しました。一見サイコロ状の形態に見えますので、

これで奥歯の力を支えることができるのか

心配する方もいると思いますが、 この特殊な形状により

全く大丈夫ですね。

ピエゾを利用しながらインプラント窩を形成すると楽です。

すべての症例を1種類のインプラントで対応することは

まず無理でしょう。数多くの症例を

手がける先生ほど様々なインプラントを使い分けています。

患者様一人ひとりすべて異なります。

術後の痛みを極力減らし、骨移植もなるべくせず

どのようなことになっても対応できる 十分な準備をして

インプラント治療に臨むことが大切です。

DSC_2978.JPG DSC_2981.JPG CT_20160609171503.jpg



Posted by satoru nagashima at 17:20