横須賀市にあるインプラント・矯正歯科・審美歯科・歯周病治療の長島デンタルクリニック  
  menu  
ご相談のページへ 診療予約のページへ よくあるご質問のページへ インプラントの詳細へ 審美歯科の詳細へ 矯正歯科の詳細へ 歯周病治療の詳細へ ホームページへ





月・水・金 09:00?12:00
13:30?18:30
土曜日 09:00?12:00
13:30?17:00
休診日 木・日・祝祭日
もっと大きい地図を見る
大きい地図を見る >>

神奈川県 横須賀市 大滝町
2-15-1 横須賀東相ビル9F
046-820-6620
Eメール:
nagashima-dental@nifty.com

URL:
http://www.nagashima-dc.com


2016年8月
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Recent Entries

Archives

Categories

2016/07/29

インプラントは骨の厚みや幅で使い分けます。
セカンドオピニオンで
来院された患者様です。
前医では骨の厚みが少なく
1、神経に近い
2、喫煙等の要因があり、インプラントを埋入しても
それほど長持ちしないだろうと説明されたようです。
CTで見てみると確かに
顎の神経に近くまさしく難症例の部類に入るでしょうね。
ところでインプラントは
ひとつのメーカーですべての患者様に
対応することは難しいと思います。
BGR等を用いて骨がないところには
骨を作れれば、ひとつのメーカーでもインプラントは
可能かもしれませんが、
私は術後の腫れや痛みが出やすいGBRは積極的にしたくありません。
出来るだけシンプルな術式の方が患者様は楽ですし、成功率も上がります。
そうすると、ひとつのメーカーではなく、二つ以上の異なるインプラントを
使用することが大切です。
それぞれのインプラントの特徴、または利点、欠点を
見極めて、選択することが重要で
この症例は
下記のようなインプラントを用いました。
黄色の矢印 スプラインHAインプラント(抜歯即時埋入)
赤い 矢印 バイコンインプラント   (成熟側埋入)


DSC_2978.JPG DSC_2981.JPG


Posted by satoru nagashima at 19:30