歯周病

歯の生活習慣病

歯周病とは

あなたは歯周病?

あなたにはこんな症状、ありませんか?

  • ブラッシングをすると出血する
  • 歯肉が赤く腫れている
  • 歯肉がかゆい、痛い
  • (起床時に)口の中がネバネバする
  • 口臭が気になる
  • 硬い食べ物が噛みにくい
  • 歯と歯の間に隙間がある
  • 歯が長くなってきたように感じる

この中の1つでもあてはまったら、あなたは歯周病かもしれません。今すぐに歯科医院で検査を受けてください。

歯周病とは

歯と歯肉の間にある「歯周ポケット」に歯垢(プラーク)がたまり、歯肉に炎症が起きたり、
歯槽骨(歯肉の中の骨)が溶けたりする病気です。
重症になると歯槽骨がなくなり、歯が抜けてしまいます。
初期段階では自覚症状がないため、歯肉が腫れるなどの症状が出たときにはすでに重症となっている可能性があります。

歯周病の恐ろしさ

歯周病は歯の病気ですが、口内だけにとどまるものではありません。歯から全身へとさまざまな悪影響を及ぼすのです。

心臓血管疾患

歯周病にかかっている人は、通常の人よりも心筋梗塞や動脈硬化、脳梗塞などの心臓血管疾患にかかる確率が高いとされています。 歯周病菌が歯肉から血管に侵入して血管内に炎症を起こし、各疾患の原因となる血栓をつくるのです。

糖尿病

歯周病と糖尿病は互いに関係し合ってさまざまな合併症を引き起こすとされています。 心臓血管疾患と同様に歯周病菌が歯肉から血管に侵入すると、肝臓や脂肪細胞に作用します。 すると血糖値を下げる働きを持つインスリンの生成を抑制し、血糖値を上昇させてしまうのです。

すると歯肉も血糖値が高い状態となり、歯周組織の炎症がさらに進み、歯周病菌がさらに増え、さらに血糖値が上昇……という悪循環が起こるとされています。

歯周病には何よりも予防が大切!日頃のメンテナンスがあなたの歯と体を守るのです。

メンテナンスの方法とは?

pagetop